全日本少林寺流空手道連盟 錬心舘 鹿屋南地区本部 鹿屋東部支部

TEL 090-1083-0941 鹿児島県鹿屋市寿四丁目736番地1

公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団の加盟団体です。

ブログ

2014.07.29

一念発起

「一念発起」とは、あることを成し遂げようと決心することです。

しかし、人は、決心した大事なことを今すぐやらずに、「まあ、いいか」と、さきに延ばす癖があります。

そして、「あの時に、やっておけばよかった」と後悔するのです。

まさに、「後悔先に立たず」です。

行動を起こす前に面倒臭がって、いまやれない理由を考えてしまうからでしょう。

後悔を繰り返さないためには、「やれない理由」を考えるよりも、「どうすればできるか」を考えることが大切です。

創意工夫を凝らし、まずやってみるのです。

そして、思い立ったら辞めずに、簡単にあきらめないことです。

思い立った瞬間が、最良のチャンスです。

ぐずぐずしないで、一気にやりぬきましょう。

その行為が、いまを充実させてゆくのです。

人生の行路には、早すぎるとか、遅すぎるということはありません。

「思い立つか、立たないか」

「やるか、やらないか」

ただ、それだけです。

2014.07.28

耳の痛い話

誰しも人から褒められれば、嬉しいものです。 逆に、批判や忠告を受けると、落ち込んだり、腹が立ったり、反発心を生じたり、相手を恨んだりしてしまうこともあります。 昔から、「耳の痛い話ほど、本音が語られている」と言われます。 …

古来より日本人は、「正直に生きよ、お天道さまは見ている」といい、他人が見ている・見ていないを判断の基準とせず、常に勤勉に生きることを奨励してきました。 A子さんが事務員として採用されたのは30代後半です。 3人の子供の育 …

2014.07.26

心と氣

人間の根は、いわゆる心・氣 空手でも、組手・型の優勝者が、人を導けるわけではありません。 一時のスターであり、花であります。 花はきれいなもので、皆が見つめ、花粉をまき、 次の世代の空手をやる人たちに影響を与えていきます …

2014.07.25

人間の根っこ

「人間の根っこ」 (相田みつをの氣付きから・・・) 「氣づき」 …氣が付く、それは、氣が人間の中に入ってゆくこと… 人生において 花とか葉は見た目はきれい・・・知識 根っこは汚い土の中・・・人間性(道徳)、素直な心 花と …

2014.07.24

一燈照隅

「一燈照隅」(いっとうしょうぐう) 自分の存在が、 いかに小さくささやかであっても、 一燈となって一隅をてらしてゆく。 ~伝教大師~ そうすればやがてそれが百、千、万と集まれば、 万燈遍照(ばんとうへんしょう)、 あまね …

2014.07.23

鍛錬

一千日(約3年)一つのことを稽古し続けることを 「鍛」といい、 一万日(約30年)一つのことを稽古し続けることを 「錬」という。 (広辞苑より) 【鍛】 金属を何度も熱して打ち、強くする。 訓練して心やからだをきたえる。 …

忍耐から習慣へ 習慣は、第二の天性である。 良い習慣をつけるか、悪い習慣をつけるかによって、 まったく人間が変わってしまう。 習慣とは… 往々人が軽く見過ごすものであるが、 徳性に準じて非常に大切な意味のある物。 徳性と …

一掴一掌血一棒一条痕(いっかくいっしょうけついちぼういちじょうこん) 一度掴(つか)んだら、 そのものに血の手形が着くぐらいに掴め、 一本ピシリッと打ち込んだら、 一生傷跡が残るほど打ち込め、 うろうろするな、へろへろす …

2014.07.20

拭き掃除

拭き掃除 人間は足腰というものが大事である。 足をなぜ「足る」と読むか、 腰抜けと言って、人を罵倒するのは何故か。 肝心(腎)要ということは肝臓と腎臓と腰ということだ。 腰というものはそういうふうに、 肝臓と腎臓と同格で …

  • よくある質問
  • お問合わせ
  • 少林寺流空手道 錬心舘 鹿屋南地区本部 FACEBOOK
  • 少林寺流空手道 錬心舘 総本山 公式ホームページ

▲ページトップへ