全日本少林寺流空手道連盟 錬心舘 鹿屋南地区本部 鹿屋東部支部

TEL 090-1083-0941 鹿児島県鹿屋市寿四丁目736番地1

公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団の加盟団体です。

ブログ

錬心舘空手道とは(鹿児島東ロータリークラブ講演)

【錬心舘空手道とは】

※広島地区本部のHPより引用させていただきました。第2代宗家の講演より。

http://ww4.tiki.ne.jp/~hiro-renshin/souke1.HTML

 

私は父の創始した少林寺流空手道を受け継いで、正しい空手観を普及するために頑張っています。

年を重ねれば重ねるほど、この流儀を全国に広めた父の強い意志と偉大さを、より強く感ずるようになりました。

父の力が根となって、私という樹がある。

19歳の頃のことです。

私は父の意をうけて、青雲の志を抱き、単身、フィリピンの土を踏みました。

しかし理想と現実は大違い。

私は言葉の壁に苦しみ、肝心の指導も思うにまかせず、悶々とした日々を送っていました。

父からの便りを受け取ったのは、そんなある日のことです。

「空港には見送りに行かなかったが、道場の屋上で日の丸の旗を振ったのを、見ていてくれただろうか?

古今東西、人種職業の別なく、人は等しく、哀別離苦の悲しみを味わうものだ。

異郷の地で一人、辛いだろうが頑強りたまえ。

勇躍せよ、突破せよ、汝男なればなり。」

この手紙が私の心の支えとなり、空手道一筋に邁進するその後の人生を決定したように思います。

「却下照顧」。

自分の足許を照らせといういう仏教の言葉です。

私は幼稚園児の指導をする時に、礼を受けながら、

私自信必ず「お願いします」

「ありがとうございました」

、と心の中で唱えるようにしています。

投げた石が誰かに当ったとします。

それを手元に返すすべはありません。

口から出た言葉もこれと同じです。

二度と口の中へ戻すことはでません。

私の口から出る言葉は絶対に、子供達を傷つけるものであってはならない。

どんな場合でも子供達を励まし、勇気を与えるような言葉でなければならない。

普段の指導で常に念じていることです。

子供達を輝かすためにも、自分自身がいつも輝いていなければならない。

鉄は自らの錆によって朽ちる。

平家は平氏で滅び、鎌倉は源氏で滅びました。

自らの内に潜む最大の敵と戦い、人間の持つ弱さを克服してゆきたい。

それが私の修行です。

(鹿児島東ロータリークラブ)

 

  • よくある質問
  • お問合わせ
  • 少林寺流空手道 錬心舘 鹿屋南地区本部 FACEBOOK
  • 少林寺流空手道 錬心舘 総本山 公式ホームページ

▲ページトップへ