全日本少林寺流空手道連盟 錬心舘 鹿屋南地区本部 鹿屋東部支部

TEL 090-1083-0941 鹿児島県鹿屋市寿四丁目736番地1

公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団の加盟団体です。

ブログ

型試合の意義

最終

去る11月25日(日)に開催された大隅地区空手道選手権大会前日の最終調整&模擬戦の模様です。

錬心舘の型試合は、気迫・優美・力・正確の4点で、その得点率を競います。

※同点の場合は、主審が結審します。全日本少林寺流空手道連盟の審判規定では、副審は1点、主審は3点の行使が可能です。

衆人環視の中で、1対1で行う戦いは、選手にとって大変な負担となり、また大きな学びの機会となります。

死力を尽くした闘いの中で、百戦の中から成長の糧を得ることとなります。

これを、百戦錬磨と呼びます。

錬心舘の型試合には、社会生活の中で必要な教育が、システムとして組み込まれていると感じます。

たとえば、

1.挨拶の徹底

2.縦社会の認識

3.後輩への指導、教育

4.伝統を継承するための正しい指導

5.試合による舞台度胸の養成

6.厳しい稽古による、忍耐力の養成

精神を鍛えると言うのは、ただ単に喧嘩に強くなることではありません。

日本人が美徳とする「我慢、忍耐、奉仕」の精神を武道によって教えているのです。

球技など他のスポーツでも指導者によっては、同じような精神面の指導をするかもしれませんが、伝統的なシステムとしては組み込まれていません。

将来のある子供たちにとって、社会で役立つ人間になるためには、武道は必ずや大きな力になると私は思います。

  • よくある質問
  • お問合わせ
  • 少林寺流空手道 錬心舘 鹿屋南地区本部 FACEBOOK
  • 少林寺流空手道 錬心舘 総本山 公式ホームページ

▲ページトップへ