全日本少林寺流空手道連盟 錬心舘 鹿屋南地区本部 鹿屋東部支部

TEL 090-1083-0941 鹿児島県鹿屋市寿四丁目736番地1

公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団の加盟団体です。

ブログ

元イジメられっ子の空手体験談

【元イジメられっ子の空手体験談】

※ある空手経験者の子供時代にあったお話だそうです。

 

今夜、旧友と酒を飲む約束をしていて、思い出した話を…

小学生のころ私は苛められていました

理由は気が弱く、当時の年齢としては大きな体格

太っていて足が遅い、それらが理由だと思います

当時私のいる小学校では足が速く明るいのが

ヒーローの条件でしたから

 

苛めの内容として、叩かれ、のろまと罵られたり

靴や物を隠されたり、お約束通りのものでした

 

当時は、まだイジメや体罰がさほど問題視されておらず

それを親に相談したら、気の強いおっかさん風味の母、

無学で熱い職人の父は揃って

「苛められるお前が悪い!」と言い

私を街の空手の道場に通わせました

 

幸いに、当時体格の良かった私は

試合などでもそれなりの結果を出し始め

格闘技が楽しく、好きになっていきました

イジメられることはもうどうでも良くなり

師範方も、決して私闘に臨んではいけないよ

君たちは格闘技者なのだから押して忍ぶように

と堅く戒められ、私もその戒めの意味はわからないながらに

それをかっこいいものだと思い守っておりました

 

中学に上がり、学区は隣の小学校が加わる形になり

元々のイジメっ子に加え、隣の小学校の者たちも加わり

私に嫌がらせする人数は増えていきました

「あいつは何をやっても怒らない」

と、当時彼らには“仏像”と呼ばれていましたねw

もうそのころは、そういった雑事は気になりませんでしたし

友達も出来、勉強も面白いのでどうでもいいと

表面上は思っていました

 

さて、時は平成に入り、世間はとあるプロレス団体の出現により、

格闘技ブームとなりました。

私はもっと強くなりたいと欲し、親を説き伏せ

当時最新鋭だった小さい空手団体に加入しました

まだアンダーグラウンドな怪しい道場でしたw

そこに入るには生命の保証はない云々の誓約書に

時代錯誤な血判を押すというところであり

道場生は兄弟、親子であるという信念がありました

当時正に中2だった私は文字通り中2病全開でそこに傾倒していきました

 

受験が迫るプレッシャーでしょうか?

イジメは苛烈になっていきました

そして折しも格闘技ブームの中、イジメっ子たちも毒されたのでしょう

どこで噂を聞きつけたのかその道場に入って来たのです

驚きました、そして私は師範に相談しました

彼らは私を苛めている人達です、と

すると師範は笑って

そんなのは道場の外の話だ

ここではお前が彼らの兄貴分、可愛がってやれ、と

道場で言う可愛がれの意味はと言えば…そういうことですw

 

翌日彼らは学校で有頂天に吹聴していました

俺達はあの最強の道場に入ったと

そして彼らの1人がやってきて私に

お前もあそこにいたよな?苛めてやっからよ、と笑いました

その時何故か私は初めて彼らを憎んだかも知れません

私の愛する場所を土足で踏みにじる卑劣漢め!

と不当な思いだったのだと思います

 

彼らとはしばらく道場内での接触はほとんどありませんでした

彼らは不真面目でしたからね

苛めていた私がいるような所ですから

大したことないと思ったのでしょう

師範に私は思うところを訴えたのですが

師範は笑ってほっておけ、奴らももう兄弟なんだからと言うだけです

私にはその時はまだわかりませんでした

 

そしてある日、彼らと私が道場で揃った時です、師範が言いました

おい、お前らそろそろ実践稽古するか?と

喜ぶイジメっ子たち

そして師範が言います

よしお前(私のことです)兄弟子として胸を貸してやれ

お前ならそんなヒヨッコまとめても余裕だろ、と煽るように

ヒートアップするイジメっ子たち

そして組み手が始まりました

 

最初に彼らのリーダー格の小学校からのイジメっ子

礼の時小声で

調子にのんなよ、ぶっ飛ばす

泣いても許さねえからな

これで私の頭の中の何かがキレました

 

結果だけ言うと、全員病院送りレベルで叩きのめしました

相手の宣言通り泣いても許しませんでした

それで許してくれるような道場でもありませんし

泣く元気があるなら反撃しろ!と

怒られるような所ですから

 

全員を叩きのめして我に返りました

私はなんてことをしたんだろう…

でも後悔より邪魔なものが無くなった爽快感の方が

大きかったと思います

そのまま何故か道場で泣きました

師範と審判をしてくれていた事情を知る先輩が抱きしめてくれました

師範が、強くなったな、と初めて誉めてくれました

また私は泣きました

でもその後、雑魚相手にやり過ぎだから

加減を覚えないと一人前になれんよ?

と笑いながら怒られましたけどw

 

その後、イジメっ子だった彼らは私を先生と呼ぶようになりました

師範が彼らに、俺は学校でのことは知らん

でもお前らにとってコイツ(私)はおまえ等より遥かに強い先輩だ

それを踏まえて今後も仲良くしなさい

といってくれました

彼等なりのそれが答えだったのでしょう

カバン持ちや家への送り迎えまでするようになりました

それから彼らとは道場、私生活でも切磋琢磨する仲間になりました

今日は彼等と久しぶりに呑みます

たまに呑むと今では笑い話ですw

 

元イジメっ子の1人は空手の魅力に取り付かれたのか

その人生を空手に捧げ、今は遠い町で道場をやっています

その彼も今日は飲みに来ます

彼は道場生に弱いものを苛めるなと教えているそうです

呑むたびにみんなでお前がいうな!と笑いあいます

 

今はいい思い出です

私はイジメに対して自分で吹っ切るキッカケが出来たことが

本当に幸運だったと思います

 

  • よくある質問
  • お問合わせ
  • 少林寺流空手道 錬心舘 鹿屋南地区本部 FACEBOOK
  • 少林寺流空手道 錬心舘 総本山 公式ホームページ

▲ページトップへ