全日本少林寺流空手道連盟 錬心舘 鹿屋南地区本部 鹿屋東部支部

TEL 090-1083-0941 鹿児島県鹿屋市寿四丁目736番地1

公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団の加盟団体です。

ブログ

【拳聖かく語りき~型の意義~】

サイ術

【拳聖かく語りき】(拳友時報404号より引用)

□型の意義

開祖曰く、

型は重要なり。

型はすべて、仮想の敵との戦いなり。

よって、仮想の敵は虚像なれば常に入れ替わり、また更に強くなって立ち向かってくるなり。

この虚像である敵に勝ち、生き残るために一日も怠らず、己の技術をば、進化させねばならない。

この戦い、わが身果てるまで続き、とどまるを知らず。

ここに、型の持つ空間に向かって仮想の敵を相手に戦うことに意義がある。

常に進化しつづける仮想の相手と戦うことを念じて、修行を積めば、己の型に生命が宿るなり。

これが、他の競技と異なる空手道の本質なり。

「型ひとつ三年」の言葉がある。

ひとつの型を完成させるに年月がかかることなり。

その型も、毎日稽古に励めば、己の性格まで表れることがあるので、正しき型を行うよう、心せよ。

よって、正しい型を行うために、師の言葉に耳を傾け、迷えば基本に立ち戻り、師の研修は進んで受けよ。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥なり。

型といえども、仮想の敵に勝たねばならぬ。

虚像である敵との戦いを心に稽古を続ければ、やがてそれが実像となって現れる。

これが組手である。

ゆえに、組手と型は車の両輪。

型の名手は組手の名手なり。

 

 

 

 

  • よくある質問
  • お問合わせ
  • 少林寺流空手道 錬心舘 鹿屋南地区本部 FACEBOOK
  • 少林寺流空手道 錬心舘 総本山 公式ホームページ

▲ページトップへ