全日本少林寺流空手道連盟 錬心舘 鹿屋南地区本部 鹿屋東部支部

TEL 090-1083-0941 鹿児島県鹿屋市寿四丁目736番地1

公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団の加盟団体です。

ブログ

道場の移籍について考える

おかげさまで、鹿屋東部道場開設以来、見学・体験の問い合わせを多数いただいております。

寿地区で活動を初めて丸4年、コツコツと地域の皆様に周知して頂けるように努力しております。

また、お友達をご紹介して頂いている保護者の皆様には本当に感謝いたしております。

さて、いろいろな方が鹿屋東部道場へ見学や体験に訪れてくださるわけですが、その中には少数ですが経験者の方もいらっしゃいます。

経験者の方には、『転居に伴って新しい道場を探している』というケースや『前道場(あるいは現在通っている道場)が肌に合わないので』という方もいらっしゃいます。

こういった経験者の方の入門の際、旧道場を退会して間もない場合には、当道場より旧道場・支部長様へ当該生徒を入門させて頂くご報告を行うようにしています。

また、現在進行形で他所の道場に所属している場合は、正式な手続きを踏んで退会されてからお越し頂く旨お伝えしています。

というのも、流派は違えど(または同じ流派内であっても)同じ空手道ですから、いろいろな機会で、旧道場の関係者様と顔を合わせる場合もあると思います。

そういった時に、『んん??鹿屋東部道場に入会してたの?はあ??…』となるよりも

『やあ久しぶり!!変わらず元気にやってるか??今日はよろしくね』となった方が良いからです。

選手としても『あ!前の先生がいる。どうしよう…』なんて思ったりしてはいけません。

一時期であっても指導にあたって頂いた先生に会ったなら、恥ずべきことなく挨拶に行って欲しいと私は思います。そういうことで、当道場→旧道場・支部長様へのご連絡は必要だと考えています。

また、移籍をめぐる無用のトラブルは極力避けたいというのもあります。

これは、空手道を初めとする多くの武道教室が選手との関係を『顧客×販売者』といったものではなく、『生徒×指導者』もっと言うと『弟子×師範』の意識を持っているから起きるものです。

私自身も情熱を注いできた選手の移籍について『今日来たお客様が明日は別のお店に行く』というくらい簡単には考えられないのは事実です。

短い間ではあっても、ともに汗を流してきた仲間だからこそ、選手が他の場所に光を見出したのなら胸を張って送り出してあげたいと思いますし、大会などで再会を果たした時は、その選手の健闘を心から願いたいと思っています。 もっと言うと、空手を辞めて他の武道やスポーツをするようになっても良い、勉学に専念するのだって良い、何かに夢中・熱中・集中してくれることが嬉しいのです。

子どもたちが一番輝く時は、やはりそういう瞬間だと思います。

よく聞く言葉ですが、「空手道は礼に始まり礼に終わる」と言います。

選手に於いては、試合や稽古の時だけではなく、自分の進路を考える際、決定する際にも活かして欲しいと思います。 指導者としても選手が退会する時は、「礼の本質」を示せる最後のチャンスだと思って接するべきではないかと思います。選手の事を一番に考えて、選手が胸を張って日々を過ごせるような環境をつくってあげたいと願うところです。

鹿屋東部道場の皆様には、錬心舘の考え方を日頃から十分にご理解頂いていることと思います。

本当にありがとうございます。

どうぞ引き続きご支援いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

  • よくある質問
  • お問合わせ
  • 少林寺流空手道 錬心舘 鹿屋南地区本部 FACEBOOK
  • 少林寺流空手道 錬心舘 総本山 公式ホームページ

▲ページトップへ