全日本少林寺流空手道連盟 錬心舘 鹿屋南地区本部 鹿屋東部支部

TEL 090-1083-0941 鹿児島県鹿屋市寿四丁目736番地1

公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団の加盟団体です。

ブログ

出稽古の常識について考える

鹿屋東部道場では、出稽古(見学含む)の制限をほとんど行っておりません。

稽古に来ていただくのも歓迎いたしますし、当道場からも関係のある他道場へお邪魔させていただくこともあります。

これは、世間一般でよく言われることですが、自身の技術や指導方法に自信がない道場(職場も含めて)は、出稽古(見学)に行かれるのも来られるのも嫌がる傾向にあります。

自分の所に来られると、底の浅さを知られてしまうのではないか?とか、自分の生徒が出稽古に行くと移籍してしまうのではないか?という不安があるからだと思います。

あくまでも私個人の考えですが、もしも生徒が出稽古で自分に合った道場を他所に見つけたのなら、正式な手続きを踏んで遠慮なく移籍をすれば良いと思います。

それを咎めてしまっては、指導者のエゴというものです。

ただし、隣の芝は青く見えるものですから、よくよく冷静にご判断して頂くことをお勧めします。

学校教育についても私は同じ考えなのですが、道場にしても他のお習い事にしても、たった一つの環境が全ての需要を叶えられるはずがありませんし、全ての選手に最適なはずがありません。

ですから、選手が他所の道場に光を見出したのなら、堂々とそれを道場へ申し出て頂ければと思います。それをせずに何となく後ろめたい気持ちがあるから、こっそり他所に通ったり、後から明るみになって生徒を引き抜いたとか、生徒を盗られたとかいうようなトラブルに発展するわけです。

これは他所の先生の受け売りですが、出稽古について一つ重要な考え方として言えるのは、あくまでも自分のところの道場で稽古をするのが「主」であって、他所の道場で稽古させてもらうのは「従」でなくてはならないということです。

これを忘れてしまっては、自分のところの先生に対して失礼に当たるのはもちろん、出稽古先の道場に対しても失礼なことです。

出稽古に行くと、相手の道場のカリキュラムに合わせて稽古するのは当然ですが、来てもらった方はどうしても気を使います。

指導者側からすれば出稽古に来てもらっている時に、怪我をさせてはいけないと思って、他の道場生よりも意識を向けざるを得ません。

会費を払って習いに来ている道場生よりも出稽古に来ている人の方へ指導者の注意が向けられているというのは、決して良い状態であるとは言えないでしょう。

そんなこともあるので、他所の道場へ見学や稽古に出かける時は、事前に所属道場へひと声かけて頂きたいのです。

そうすれば、先方の先生にご挨拶もかねて一本の電話もできるというものです。

これは、ご自分のお子さんを他所にお泊りに行かせる際、ママさん同士で連絡をとりあうのと似ていると思います。

まったく知らない子のお家に泊りに行く話が、まったく知らないところで決まってしまうのは決して好ましい事ではないと思います。

  • よくある質問
  • お問合わせ
  • 少林寺流空手道 錬心舘 鹿屋南地区本部 FACEBOOK
  • 少林寺流空手道 錬心舘 総本山 公式ホームページ

▲ページトップへ