全日本少林寺流空手道連盟 錬心舘 鹿屋南地区本部 鹿屋東部支部

TEL 090-1083-0941 鹿児島県鹿屋市寿四丁目736番地1

公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団の加盟団体です。

ブログ

若者たちへ

以前、MBCラジオ「私の20世紀」で放送された、開祖宗家先生と横山キャスターの対談内容です。
※敬称は、省略させていただきます。

「若者たちへ」

横山)門下生が大勢いて、そういう中で稽古をつけていらっしゃると、やっぱり若者とか、あるいは世の中の動きなんていうのはよくわかるでしょうね。

例えば若者の考え方とか、あるいは「最近の子供はこういう躾なんだなあ」とか、いろんなことが空手とは別に見えてくる部分が・・・・・・。

宗家)多いですよ、やっぱり。

横山)そうでしょうね。

宗家)何て言うんですかねえ、入門志望の高校生とか、一般の人でも入門して空手をやろうとかいう者は、入門すること自体、何か悟りだしたということだから、こっちが教える前に、本人が何かを悟ってくるんだということを前提として見なきゃいけないんですね。

横山)うーん。

宗家)一般の者より、「一歩抜きんでているんだ」と そう受け止めなきゃならん。

横山)意思とか意欲を持ってやろうとしているわけですからね。

宗家)そういう組は、要するに半分は、もう自分を完成していると見ていいです。
後はこっちが技をたたき込み、いろいろ教えてやればいい。

横山)なるほど、なるほど。

宗家)こういう風な見方も必要じゃないかと思うんですね。

横山)うーん。あえて若者に言いたいことは?

宗家)そうですね。君達の持っているものは、七十を超えた爺さんたちにはないんだ。

我々は空手道を通して、お前たちのその偉大なる前途と可能性に対する陰の協力はするけど、我々自身にはもうそれはない。

君たちは、誰も持ってないその偉大なる前途と可能性を二十一世紀に向かって発揮してもらいたいと。今、若者に言えるのはそれだけです。

横山)保さんは宗家として色紙を書かれることも多いかと思うんですけれども、人から請われてよく書かれる言葉がおありですか?

宗家)まあ、その人によって色々違うけれども、私なりに書くのは、どちらかというと東洋的な言葉ですね。

横山)例えば、どんな言葉ですか?

宗家)「空手的な立場で書いてくれ」という人には「拳学拳行」とかね。

横山)どんな字ですか。

宗家)拳を二つに分けて、拳の学問と拳の行。これを私は「拳学拳行」と名づけてあるから、そういうものとか「極意」についてとか。

横山)極意。

宗家)「極意とは間一髪の間なり」と。

横山)うーん、はあ、なるほど。

宗家)そういう武道に因んだ言葉しか書けないなあ。

横山)空手に関する本を書きかけていらっしゃるそうですね。ぜひ近々まとめて拝見したいと思います。

宗家)一、二行書いたと思ったら客が来たり、雑用が多くて、書いているけど遅々として進みません。だけど必ず生きとる間に完成しようと思っています。

横山)楽しみにしております。ありがとうございました。

  • よくある質問
  • お問合わせ
  • 少林寺流空手道 錬心舘 鹿屋南地区本部 FACEBOOK
  • 少林寺流空手道 錬心舘 総本山 公式ホームページ

▲ページトップへ