全日本少林寺流空手道連盟 錬心舘 鹿屋南地区本部 鹿屋東部支部

TEL 090-1083-0941 鹿児島県鹿屋市寿四丁目736番地1

公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団の加盟団体です。

ブログ

秘技・霞打ち(かすみうち)

古流の空手でいう「霞打ち」は、近代空手でいうと、「背手打ち」のことである。

たとえば、ナイハンチという型では、交差立ちのあとの最初の動作を霞打ちとして解釈する。

上の写真は、昭和初期にナイハンチの変手=分解として、女性に霞打ちを指導している風景である。

※錬心舘の約束組手初段の4番に霞打ちを見ることができる。

「空手の型はすべて受けからはじまる」と言われるが、古流のナイハンチは攻撃から始まっている。

近年、古流空手の研究が盛んになってきており、「型の受けは攻撃」と同じという研究成果が主流になりつつある。

おそらく古流のティーや唐手(トゥーデー)には、ある程度一般的な技法として認知されていたのではないだろうか?

 

参照https://ameblo.jp/motoburyu/entry-12370928082.html

 

  • よくある質問
  • お問合わせ
  • 少林寺流空手道 錬心舘 鹿屋南地区本部 FACEBOOK
  • 少林寺流空手道 錬心舘 総本山 公式ホームページ

▲ページトップへ