全日本少林寺流空手道連盟 錬心舘 鹿屋南地区本部 鹿屋東部支部

TEL 090-1083-0941 鹿児島県鹿屋市寿四丁目736番地1

公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団の加盟団体です。

ブログ

ブログ~空手体験談~

http://www.storesearch.jp/130/140/001715.php

より引用

 

【空手体験談】

 

スイミングスクールでも泣き続け、

幼稚園に入園しても泣き続け、

息子は嫌なことや自分にとって不愉快なことは

絶対に受け入れず徹底的に泣き続けました。

 

泣かないと約束した2度目のスイミングスクールでも泣いた時に、

息子に足りないことは

心の強さと忍耐だと思い知りました。

 

ほとんどの習い事は子供(子ども)が泣くと

先生は優しく接して落ち着かせようとするか、

 

少し放置して落ち着くのも待つかになるのですが、

 

そうではなくそこを厳しく

鍛えてもらうしかないと

空手にすがる思いで習い始めました。

 

空手の中でも厳しさで知られる流派をあえて選び、

自転車の後ろに息子を乗せて

20分かけて週に3回通う生活が始まりました。

 

木曜日と土曜日は同じ先生で比較的息子が泣いていても気にせず

横について指導を続ける先生でした。

 

火曜日の先生は若い男の先生で、

道場の前で泣いていると息子を肩に担いで

道場に連れて行く

厳しい先生でした。

 

息子は最初のうちは空手に行く時は何曜日でも泣いていたのですが、

そのうち火曜日だけ泣くようになりました。

 

明らかに火曜日の厳しい先生が嫌だ!というアピールです。

 

息子が習い事で空手を選んだ動機に、

嫌なことがあると

泣き続けるということがありました。

 

嫌なことは生きていればたくさんあるのです。

 

ですから火曜日は特に何があっても

絶対に休まず、

 

雨の日も台風の日も、

雪が降った日も道場に通い続けました。

 

それでも、息子は抵抗をやめません。

そればかりかひどくなる一方で、

 

空手に行く前にあまりにも絶叫して泣き続けるので、

 

虐待をしているのではないかと近所の人に

警察に通報されたこともあります。

 

息子は結局2年間泣き続け、

厳しかった先生の方が

子供より先にやめてしまい、

 

道場に行く時に泣くことはなくなりました。

 

厳しかった先生がいなくなり

稽古は真面目にやるので、

息子はどんどん昇級していきました。

 

しかし、試合に出ると大泣きで、

昇級していくレベルと

本当の実力にギャップが出てくるようになってきました。

 

その頃学年が上がって授業時間が増え、

週2日の稽古時間に間に合わず

遅刻して参加することになり、

 

真面目に通うこともできなくなりました。

 

悩んだ末に、

同じ流派で移籍する道を選びました。

 

移籍先は最寄り駅から電車で3駅目にあり、

稽古時間も遅く

子供(子ども)だけでも通うことができます。

 

しかし、心機一転頑張る!と誓った

新しい道場でも試合で大泣きして

父親を激怒させました。

 

試合で負けて泣くならわかるのですが、

息子は試合をすること自体が嫌で、

 

試合の相手に関係なく

ほぼ試合放棄のような状態で泣き続けました。

 

父親が息子の道着をゴミ箱に捨てた翌日に、

 

私は道場に行って

先生に今までの息子のすべてを話し、

 

「精神が弱く自分の心にかつことができませんが、

誰よりも真面目にやることはできるので

一から育ててください」

と頭を下げました。

 

先生は快く私の思いを受けてくださり、

その日から稽古後にも残って

先生の特訓を受ける日々が続きました。

 

試合が苦手な息子に

試合方式で稽古をしていただき、

驚くほど実力がついてくるようになりました。

 

今息子は空手を続けて6年目になります。

 

交流試合で優勝し

選抜選手に選ばれるまでに成長しました。

 

大きな大会が毎月のようになりますが、

もう情けない姿で泣くことはありません。

 

空手 体験談

 

帯の色も黒帯まであと一歩です。

 

親としては本当にいばらの道でしたが、

ようやくここまでこられたと感慨もひとしおです。

 

習い事に空手を選び

息子には正解でした。

 

この夏、3歳になる妹が

兄を追いかけて空手を始める予定です。

  • よくある質問
  • お問合わせ
  • 少林寺流空手道 錬心舘 鹿屋南地区本部 FACEBOOK
  • 少林寺流空手道 錬心舘 総本山 公式ホームページ

▲ページトップへ